株式会社エー・エス・ディ

MENU

スタッフコラム

新型コロナの影響!?在宅勤務でリフォームが注目!

こんにちは。

毎日寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
気付けば12月も半ばとなり
年を重ねるごとに1年が早く感じる気がしています。

1年が早く感じる理由は心理的現象によるものらしく
“ジャネーの法則”という名前もついているそうです。

このジャネーの法則とは
例えば50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1。
5歳の人ならば5分の1。
50歳の10年が5歳の1年にあたると考えると
早く感じるのも納得です。

ならば、その1年を少しでも長く感じるようにするには
新しいことに挑戦したり、ワクワクを体験することで
体感的に充実し1年を長く感じる事ができるのでは…と思います。

皆様は今年を振り返ってみて
新しく挑戦されたことはありましたか?

私が1番最初に思い浮かぶ今年の新しい挑戦は
やはり、働き方です。
今年は新型コロナウイルスの影響で
余儀なく働き方が変わった方も多かったのではないでしょうか。

私も在宅勤務を行うようになって生活パターンも変化し
新聞を読む時間が増えるようになりました。

そんな中、最近気になった記事が
在宅勤務が増えたことで、国内のリフォーム市場が
活気づいているという内容でした。

新型コロナウイルスをきっかけに自宅への意識や不満が拡大。
広めの中古物件を購入し自分好みに改装するファミリー層が
増えており、2000年前後に大量供給された新築マンションが
順次リフォーム適齢期に入るだけに、人気は今後も続きそうな気配だ。
※2020.12.1日本経済新聞より引用

2020年9月のリフォーム新聞では
2020年リフォーム市場規模は9%減にとどまる
コロナでも底堅い需要あり
との記事も見かけました。

確かに自宅時間が増えたことで
環境を見直すキッカケになっていると思います。
私自身、今まで気にならなかったコンセントの位置が
在宅勤務をキッカケに気になりました。(小さなことですが…)

また、弊社が提供している住宅履歴サービス「住歴録」や
性能向上プレミアム住宅サイトのセミナー掲載を
担当している立場としては
住宅やリフォームに関する記事も気になるところです。

住歴録とは・・・
いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修・リフォーム等を行ったかを記録する事で住宅の資産価値を証明する事に役立ちます。
https://juutakurireki.com/

性能向上プレミアム住宅とは…
性能向上リフォームした良質な住宅が資産価値として
評価・保証されて、老後生活に有効な金融商品が利用
できる仕組みです。
https://jerco-premium.com/

新型コロナウイルスの影響による先の見通しは分かりませんが
在宅勤務などの需要により、今後リフォームへのニーズも
増えていくのではないでしょうか。

以上、本日は
新型コロナの影響!?在宅勤務でリフォームが注目!
について
お届けしました。

本日もお読みいただき、
ありがとうございました。